ニュース

News

2015.11.28 Karino 日記, 新着情報

耐朽性の高いデッキ材!

こんにちは!万建設興業営業マンの成田です!

今週のテーマは「デッキ材」ということで、ウッドデッキに使われるデッキ材のお話をしております!昨日は、おすすめ天然木を二つ紹介しました!本日は引き続き、天然木のデッキ材を紹介していきたいと思います!

まずは、レッドウッド!

redwood

カリフォルニアレッドウッドという太古からの生き残りと言われている巨大な木です。デッキ材としてはソフト素材です。タンニンを多く含んでいるため、腐食と害虫にとても強く、耐朽性は他のデッキ材の群を抜いています。また難燃性の素材でもあり、デッキの上でバーベキューをする際も安心です。ソフト素材のため加工もしやすく、また素足で歩く際にも負担の少ない素材です。色は赤褐色で、白い外壁によく合います。ただしタンニンを多く含むので、黒ずむこともあるようです。欧州赤松もレッドウッドとして売られているようですが、全くの別物なので注意しましょう!

次は、ウリンです!

urin

アイアンウッドともいわれる、東南アジアの木です。ハード素材としてとても人気のある樹種です。アイアンウッドの名の通り、産地では鉄の代わりとして建物に使われることから、非常に耐久性にも優れた木です。「100年耐える木」とも言われています。耐久性もさることながら、害虫にも強く、また木肌がとても美しく、経年劣化によるささくれもほとんど発生しません。色は赤〜赤褐色です。デメリットとしては経年変化により多少の反りや曲がりが起こりますが総合的に見ても、昨日紹介したセランガンバツの上位樹種とも言えるでしょう。

さて、本日紹介したデッキ材は耐朽性の非常に高い樹種でした。劣化によるメンテナンスが少ないということも、デッキ材を選ぶ際には考えていきたいところですね!ではまた!