ニュース

News

2016.07.25 Karino 日記, 新着情報

無垢材の塗装について

こんにちは!!

夏休みが始まりましたが、いかがお過ごしでしょうか!

先日、宇都宮営業所では打ち合わせルームの床材サンプルの棚を整理いたしました!!

image3

Karinoでは、多くのお施主様に無垢材のフローリングを採用していただいております!

以前の記事では、人気の無垢材の紹介(http://yorozu-karino.com/2015/10/17/650.html)(http://yorozu-karino.com/2015/10/18/663.html
や、そのお手入れ方法(http://yorozu-karino.com/2015/10/19/671.html)についてご紹介させていただきました!
今回は無垢材のお手入れ方法の記事でも少しだけ触れさせていただきました、無垢材の塗装について、Karinoでもご使用いただく機会の多い床材でご説明させていただきます!

3

こちらの写真で使用している床材には2種類の塗装がされています。

写真左上は無塗装です!ナチュラルな色合いですね!
無塗装は、無垢材本来の質感があり施工後に好みの塗料を使用できる点が特徴ですが、紫外線による影響など経年による変化も受けやすいです!

写真右上はオスモカラーという、ひまわり油や大豆油などの植物油と植物ワックスからできた塗料を使用したものです!木の表面に植物油を薄く塗りこむ塗装方法ですので、そのままの手触りを感じることができます!また、傷を付けてしまった際には自分でお手入れや再塗装が可能です!
ただし塗膜がありませんので耐水性は高くないため、数年に一度再塗装が必要です!

写真下部はウレタンクリア塗装です!ウレタン塗装は、主成分がウレタン系の塗料でフローリングの表面に薄い膜を貼るような塗装を指します!
光沢があり、高級感があります。汚れや染みが付着しにくく、撥水性に優れています!
ただし木の肌触りがなくなってしまいます。また、一度傷がつくと簡単には直すことができません。

1

こちらの写真は「EUバーチS」の無塗装品と同製品ウレタンクリア(つやけし)仕上げです。写真上部がウレタン仕上げ、下部が無塗装です!ウレタン仕上げのほうが光沢があるのがわかりますね!!

無垢材を採用される際は担当者へ確認の上、ご自分のライフスタイルに合った塗装をお選びいただければと思います!

文字ではお伝えしきれない肌触りなどは、打ち合わせの際に直接触っていただけますので、ぜひお声かけください!!

それではまた!