ニュース

News

2015.11.20 Karino 日記, 新着情報

結露とサッシのはなし

こんにちは!万建設興業営業マンの成田です!

さて、11月も20日が過ぎまして、段々と冬が近づいてきましたね!暖房の出番も増えてくる時期です。そこでこれから気になってくるのが、お部屋の乾燥と結露ですよね。ということで今週は、結露のしにくいサッシをテーマにお話ししたいと思います!

本日は、LIXILさんの「サーモスⅡH」についてお話ししたいと思います!

結露とは外気温と室内の温度差と湿度によって発生するものですね。室内の水分が冷たくなったサッシに結露として現れます。そもそも、サッシに使われているアルミは熱を伝えやすい性質があります。とても冷えやすいです。

ここで、サーモスⅡHです。このサッシは、外側をアルミ、内側が樹脂でできています。樹脂はアルミよりも熱を通しにくく、サッシ部分が冷えにくく、結露がしにくくなっています!また、アルミは樹脂よりも耐候性に優れているので、外側に使うことによりサッシの劣化も少ないのです。

性能もさることながら、デザイン性も兼ね備えています!おすすめですね!

明日もサッシについてお話ししたいと思います!それでは!