ニュース

News

2016.01.24 Karino 日記, 新着情報

和室といえば、畳の話

こんにちは!万建設興業営業マンの成田です!

今週のテーマは「和室」です!昨日は和室のメリット・デメリットについてお話ししました!デメリットについては畳についてのことが多かったですね。というわけで本日は畳についてお話したいと思います。

120925_hishinuma_21

まずは一般的な、い草畳のお話から

い草畳 ・・・ 古くから使われてきた一般的な畳です。一番なじみの深い畳ですね。い草と言われる植物を織って作られます。い草畳には調湿効果もあり、空間を和らげてくれます。い草独特の香りも特徴的ですね!ただ、液体には弱く、あっという間に吸収して色の濃いものだと染みを作ってしまいます。

和紙畳 ・・・ 近年増えてきている和紙で作られた畳です。縁のないものであれば洋風のお家にも合わせやすいです。い草畳とくらべて、日焼けがしにくく、掃除もしやすいのが特徴です。耐久性はい草畳の2倍〜3倍ほどあります。メンテナンスの面ではとても優れているといえます。また、調湿効果が期待できない代わりに、ダニやカビの発生は抑えられるので衛生面においても優れています。ただし、い草畳と比べると若干コストが上がってしまうのと、い草独特の香りがしないのも特徴です。

樹脂畳 ・・・ 樹脂でできた畳で、水分に最も強いです。また耐久性も強く色落ちもほとんどしないため、ペットのいる家庭にはとても合っています。ただし高温に弱く、長時間直射日光の当たるところなどには適していません。

琉球畳 ・・・ 縁がなく、正方形の畳で、沖縄で生産されたい草を使っています。縁がなくデザイン性のとても良い高級畳といえます。こちらもい草畳同様調湿効果があります。近年通常のい草で織られたものでも琉球畳として販売されているようです。

110518T_34

さて、おおまかに4種類の畳を紹介しました。畳に関してもデザインはもちろんのこと、ペットはいるのか、お子様を寝かせるのか、メンテナンスはなるべくしたくないなど生活スタイルや使用するイメージによって選んで頂ければと思います! それではまた!