ニュース

News

2016.05.09 Karino 日記, 新着情報

敷地とお庭の面積

こんにちは! 万建設興業営業マンの成田です!

先週末は暑い日が続きましたね! この時期になってくると、庭先でバーベキューを楽しむ方も増えてきますね。住宅を計画する際のイメージの中に、お庭で将来バーベキューを楽しみたいと思っている方も少なくないのではないでしょうか? というわけで本日は敷地と庭の面積について考えてみたいと思います!

121022_watanabe_10

まずは敷地の面積から、

狭小地から大きな土地いろいろありますが、調べてみると注文住宅の全国平均敷地面積は70坪程度だそうです。今回はこの平均を使って考えてみました。

この70坪の割り振りを大きく分けると、建物(建築面積)、駐車場、庭となります。

それぞれの大きさはというと、まず建物ですがこちらも平均を調べてみました。すると、全国平均延べ床面積は133.7㎡(40.44坪)に対し、栃木県の平均は133.8㎡(40.47坪)でした。ほぼ全国平均と同じですね! あとはプランにもよりますが、総二階であれば一階は約20坪、一階を広く取るプランであれば、一階を25坪と考えてみましょう。

続いて駐車場の大きさです。一台分の大きさとして一般的には奥行きが5m、ドアを開けることを想定して幅を2.5mとすると、約14.87㎡(4.5坪)。二台なら27.43㎡(8.3坪)、三台なら40㎡(12.1坪)となってきます。

細かく分ければ建物の周りの最低限の面積部分やアプローチ部分等もありますが、大きく分けると残る部分が庭として使える面積となります。

例をあげると、敷地70坪に対し、ウッドデッキ等含んだ一階部分の面積が25坪、車三台の駐車スペース(12.1坪)を確保すると、 70ー(25+12.1)=32.9坪 これに、家の周りの最低限のスペースを10坪と考慮しても、 32.9ー10=22.9坪 となります。

この面積の目安としては、幅約8m、奥行き約9mほどとなるので家族でバーベキューや花火を楽しむことも十分可能になってきますね。

今回は平均値を例にしてみましたが、プランによってお庭が広くも小さくもなるものです。将来お庭でアレがしたいコレがしたい!そんな方はぜひプランニングの際や土地探しの際に営業マンに声をかけてみてください! それではまた!